読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

好きなことを好きなぶんだけ

podcast もやっています http://lean-agile.fm/

SIエンジニアの自分戦略 -急がば回れ、選ぶなら近道

勉強会メモ DevLOVE

http://devlove.doorkeeper.jp/events/1733 の参加時かきなぐりメモ

業務系SEの今後について 〜消費税増税年金問題が与える影響

自己紹介

  • 外資M&A
  • 流通系上場企業の役員
  • ITベンダーの役員
  • キャリアの共通点

現在の社会状況 マクロ

  • 年寄りが増える
    • 清算価値が現象
  • 社会的コストの増大
    • 社会インフラの維持コストの問題
      • 公共事業で景気維持というスタイルの後遺症
      • ランニングコストを考えていない
    • 全体パイの縮小均衡
      • 人口減、売上の減少、コスト削減の圧力

現在の社会状況 個人

  • 年金問題
  • 消費税の増額
  • 実質所得は減少する

産業別人口

  • 日本人のIT技術者は多い
  • でも給料は安い

IT業界

  • PGの生産性は、10倍以上の開きがある。
  • であれば、できるやつの給料をあげろ
  • 本当に?
  • 他の業界ではあっても三倍。
  • なぜ差がない?
    • そんなにずれたら商売にならない。
  • なぜ差が出る?
  • そもそもばらつきがひどくないか?
    • 参入障壁がない。
    • 受託が、人数で数合わせをしているモデル(できなくても無理やり)

そこで経営層は普通どう考える?

  • できるやつの給料を上げる前に、できない奴の給料を下げる。
  • でも実態は、、、「できない奴の給料を上げないついでに、できるやつの給料も適用に据え置く」
    • 他人が給料あがったことのマイナスは、自分の給料が上がったことでは補えない
  • つまり、「人が多く、給料がやすい」+「能力のばらつきがひどい」→据え置き

ITのありかた

  • SI自体が成り立たないという現実
    • 人力で大規模SIに頼る現実
  • かつ、一人あたりの賃金が上がる要素はゼロに近い
  • ノーチラスは、人を増やさない。なぜなら給料を上げられないから

SIの現実

  • SI屋
    • 単純な売上増を安易なSIで稼ごうとする。
  • ユーザ層
    • ITリソースを外部から調達すれば良い
    • ITは本業ではない、と公言するユーザ様に顕著
  • この需要と供給で成立してきた。
    • 「市場としてのビジョン」は皆無。
    • 市場を維持しようというモチベーションが薄い
    • IT 業界特有
    • 結果として成立しているだけ
    • 「なくなるときに簡単になくなる」

業務系SEの現実

  • 認識すべき背景
    • マーケットとして厳しい
    • 企業環境として給与は上がりづらい
    • 年金・消費税の問題
  • 「どうすべきか?」
    • マーケットがどう変化するか
    • 変化するマーケットにどう自分自身をビッドするか
    • 賭けるチップは手元にある?

マーケットがどう変化するか

  • SIビジネスは縮小する
    • ゼロにはならない
  • 中規模・小規模SIの増加
  • SI自体の数の現象

変化するマーケットにどうビッドするのか

  • 少ない人員で回せる仕組みが必要になる
    • 100人月→70人月
    • 50→20
  • ある程度マルチでできることが必要になる
    • 能力のある人間が1.5役
    • 単一能力ではなく、複数の領域でのノウハウ
      • レビューをまわして、
  • 業務屋のニッチな仕事はむしろ増える
    • 物流システムは、倒産しやすい
    • 業務知識の豊富な人材が必要

手持ちのチップは十分か

  • 手持ちの武器は何が必要か
    • カードは多ければ多いほどいい
    • 最強–1のカードを目指す
  • スーパースターになる必要はない

エンジニアとしてのキャリアパス

  • 単一の道で最強をめざす
    • おすすめしない
    • 日本で最強はない
  • 複数の道で最強–1をめざす
    • おすすめする
    • 90点を100にするではなく、30を90に。
    • 50では妥協しないが、100はめざさない
  • それ以外は
    • 転職する

経験値として

  • 歴史は繰り返している
  • 車輪の作り直し
    • 作るべきかどうか、と再考する。(「作れる」は重要)
  • 流行に飲まれるな
    • 一回退いた上で、自分なりに咀嚼して「目的をもって」取り組む

何もしないとどうなるか

  • まずは実質所得が下がる
  • SIビジネスは縮小する
  • モチベーションとか、生きがいたおか、そういった精神的な充足のまえに生きるのがつらい

いままでと何が違うのか?

  • 座っていても大丈夫という時代は本当になくなる
  • SNS等のつながりで情報の流れが早い
    • 選択肢の幅
    • 競争の激化
  • 企業の壁が薄くなる
  • 勉強するモチベーションと、自分の脳力をどう評価するのか、ということが非常に重要になる

何をカードにするか

  • 設計
    • 普通の設計
      • 要素技術に依存しない
    • 例外処理を拾えること
      • やりすぎても、やらなくても死ぬ。程度を抑える。
    • 設計時点でパフォーまんすボトルネック
  • アーキ
    • すべての基本はI/O
      • 架空物理改装をちゃんと理解
      • 限界を理解
      • パフォーマンスはアーキで決まる
    • 障害設計から考える
    • 「何が何をするのか」がわかるようにしておく
  • アプリ
    • 基本はPM
      • WF、WBS、課題管理
    • 要素技術の共通点
    • 書き過ぎないこと
      • 書かない技術
      • 少ない人数でどうするか
      • 手をどう離すか
  • インフラ
    • とにかく情報収集
      • ただし枝葉はいい
    • ネットワークの基礎技術は抑えること
    • ハード
  • 運用(継続開発)
    • 設計が命
      • 運用設計は絶対一度は経験すること
      • 今まで見えなかったものが見える
    • CIのマスター
    • コスト意識
  • 基礎技術
    • 「計算」についての基本知識
      • 計算量
      • 確率統計
      • 計算とはなにか
    • 「品質」についての基本知識
      • 品質は作りこむもの
      • 手法は様々だが、完璧なものはない
      • 予見可能性が高いもの」 = 「品質が高い」
        • どうなるかわからないもの
    • 論文は読めるようになっておくこと
      • 巨人の肩に乗るべき
  • 業務系ノウハウ
    • 「考える」
      • なぜこういう仕組みになっている?
      • 書籍を読む。基礎知識を積む
    • 「聞く」
      • なぜなのか?
      • いやがられるけどめげない
    • 「応用する」
      • 大事なのは個々の仕様ではない
      • 「考え方」を学ぶこと
        • 考え方には文化がある
        • 感覚。センス。
        • 顧客の印象もよい
      • 「考え方」を常識にとらわれず転用する。

Q&A

  • 少数精鋭部隊がどうやって受けられるのか?
    • 受けないほうがいい
    • 大規模のSI自体を見直す
    • 受注側が発注拒否している
  • 大手SIerにいたままそうやって?
    • 中でちゃんと提案する。
    • ケンカ別れは簡単
    • こうしてったほうがいいですよ。
    • 部の意見はこうだ、で経営層にかけあう
  • エンドユーザ側にたってイノベーションを起こせないか?
    • それはある。
    • その人のモチベーションを維持するのが難しい
    • コストもまっさきに切られる。
    • R&D部隊
    • 実際のユーザ企業にはいると、ギャップはあるよ。
    • ヤル気のある取締役
  • USのユーザ企業は流動性が高い。すぐに首切れる。日本ではどうする?
    • 別の業務をやらせる。
    • PMを必ずやっているのはIT業界ぐらいだ。
  • シュリンクするSIの受け皿は?
    • コアな人間を引きぬく
  • 質の悪い人材をどうやって引き上げる
    • 論理的にものが書ける人間をとる
    • 二年間しっかりトレーニング
    • できないなら取るな
  • お金がないけどやる、のはどうすればいい
    • やるな。SIの悪いところ
    • やるなら投資だから、回収計画を上に立てさせる。