ykmc09 blog

Profile: https://ykmc09.works

「アメリカでのベストな仕事ランキング50」でのプロダクトマネージャーの順位と求人数の推移

求人企業のレビューサイトである「Glassdoor」では、「50 Best Jobs in America」というランキングを毎年発表しています。

このランキングを参照して、「プロダクトマネージャーのランキングが高い」と言及している海外の記事をいくつか目にしたので、データを閲覧できる 2015 年からのプロダクトマネージャーの数値の推移をまとめてみました。

データ

グラフ

f:id:ykmc:20211210172242p:plain

推移表

順位 基本給の中央値 仕事の満足度
(5点満点)
求人数 その年の上位2職種
2021 3位 $131,361 4.0 10,069 #1 Java Developer
#2 Data Scientist
2020 4位 $117,713 3.8 12,173 #1 Front End Engineer
#2 Java Developer
2019 5位 $115,000 3.8 11,884 #1 Data Scientist
#2 Nursing Manager
2018 9位 $113,000 3.7 7,531 #1 Data Scientist
#2 DevOps Engineer
2017 32位 $107,000 3.4 5,536 #1 Data Scientist
#2 DevOps Engineer
2016 8位 $106,680 3.3 6,607 #1 Data Scientist
#2 Tax Manager
2015 8位 $113,363 3.3 10,294 #1 Physician Assistant
#2 Software Engineer

感想

  • 順位が着実に上がっているなぁ
  • 給与も満足度も順調に上がっている(満足度は 2015年比で0.7ポイントも上がっている)
  • ただ「ずっと右肩」というわけではなさそう(2016-2018年に、やや求人数落ち込み。N次ブーム的な感じなのかな?)
  • Data Scientist 強いなぁ(今関係ない)

補足

なお、このランキングは以下の観点で算定されているとのことです。

The Glassdoor job score is determined by weighing three factors equally: earning potential (median annual base salary), overall job satisfaction rating and number of job openings

日本語訳:

Glassdoorのスコアは、収入の可能性(年間の基本給の中央値)、総合的な仕事の満足度、求人数、の3つの要素を均等に評価して決定している。