ykmc09 blog

Profile: https://ykmc09.works

【翻訳】 図解 プロダクトづくりの構造

訳者注

以下、翻訳本文です。


プロダクトビルダー(訳注:プロダクトをつくる人たち)が自分のプロダクトに当てはめられるような、成功するプロダクトをつくる方程式はありません。これは、プロダクトが置かれている常に変化するコンテキストに、プロダクトづくりの詳細が大きく左右されるからです。あるプロダクトで成功した戦略が別のプロダクトではまったくあわないこともあります。企業向けのサービスを開発しようとするビルダーは、ソーシャルネットワークを立ち上げようとするビルダーとかなり違った行動が必要でしょう。プロダクトの置かれたコンテキストを「正しく」プロダクト戦略に組み込む方程式はありません。プロダクトのコンテキストには、文化、経済、物理的な世界の特性などが絡んでおり、深く研究することはできても完全に理解することはできないでしょう。

しかし、プロダクトをつくる技術には、どのようなコンテキストでも通用する根本的な構造があると私は考えています。そのようなフレームワークがプロダクト作りの「ハウツーガイド」になるとは思っていません。しかし、わかりやすい構造をうまく利用できれば、気が遠くなるような複雑さに取り組むビルダーの認知の幅を広げられます。これから説明するように、プロダクトづくりの構造は視覚的な図で表現できます。このような図を使うことで、常に頭のアクティブメモリーにおいておかなければならない複雑な状況を、頭の外に出してしまうことができます。解けなさそうな複雑な数学の問題を解くのにペンと紙が役立つのと同じように、このビジュアルボキャブラリーはプロダクトづくりの問題を解決するのに役立つでしょう。このフレームワークを使うことで、全体の方向性を見失うことなく1つの問題の要素に集中できるのです。

これらの図の目的を明快にする方法やこの記事全体における多くのアイデアは、建築家のクリストファー・アレグザンダーの作品「Notes on the Synthesis of Form(邦題:「形の合成に関するノート」)」からインスピレーションを得ています。

1. プロダクトトライアングル

f:id:ykmc:20210330144332p:plain

まずプロダクトビルダーが置かれている環境について説明しましょう。プロダクトとはモノではなく、テクノロジー、利用する(かもしれない)人、そして資金を提供するビジネスとの間の進化する関係自体を指します。プロダクトを抽象的に表現すると上の図のようになります。これは私が「プロダクトトライアングル」と呼んでいる三角形です。プロダクトトライアングルはプロダクトビルダーが最終的に勝つか負けるかを決める競技場と言えます。

2. プロダクトフィット&ミスフィット

成功するプロダクトとは、技術的に実現可能で、ユーザーに愛され、ビジネスステークホルダーにとって満足のいく位置づけにあるものです。これらのポジティブな要素がすべて揃っているときに、そのプロダクトは置かれたコンテキストに「フィット」していると言えるでしょう。常に変化する予測不可能な世界において、このプロダクトフィットの状態を達成して維持することがプロダクトづくりの目標です。

また、プロダクトの置かれたコンテキストの中で、それぞれの頂点での「ミスフィット」も起きえます。例えば、開発やメンテナンスにコストがかかりすぎることは、テクノロジーがミスフィットしていると言えるでしょう。ユーザーベースとミスフィットしていると、ユーザー獲得が難しいか、そもそもユーザーが存在しないこともあるでしょう。ビジネスがミスフィットしているとステークホルダーの期待に応えることはできません。

プロダクトにとって「フィット」や「ミスフィット」している状態を絶対的に定義する方法はありません。自分のプロダクトがフィットしているのか、ミスフィットしているのかを判断するのはプロダクトビルダーです。

下記のプロダクトトライアングルの図では、各頂点でのフィットを「+」のアイコンで、ミスフィットを「ー」のアイコンで表しています。

続きを読む

2020年の記録

「ふりかえり」というほどでもなく、自分のツイートをさかのぼりつつ、自分用のログを兼ねて記録を書き下します。

過去の記録記事

目次

  • 仕事(本業)
    • 組織マネージャーとして
    • プレイヤーとして
    • その他
  • 仕事(副業)
  • 登壇、メディア掲載
  • カンファレンス、コミュニティ貢献
  • カンファレンスや研修の参加
    • Certified Agile Leadership
    • Scrum Fest Osaka
  • 書籍翻訳レビュー
  • ブログ
  • Podcast
  • 総括

仕事(本業)

いまの会社に入って3年目の年でした。もうそんなに経つのか・・・、自分でもびっくりです。

組織マネージャーとして

2019年のふりかえり記事で、

同時にプレイヤーとマネージャーの両立に苦しんだ(でいる)年でもありました。

と書いていましたが、2020年は本当に同僚に助けられた年でした。 年の半ばに組織体制を変更してマネージャーロールを増やし、優秀なマネージャーの同僚と頻繁に話したり仕事することで個人的にも本当に救われり刺激を受けましたし、各マネージャーによって組織のパフォーマンスも大きく向上したと思います。 もちろんメンバー含めてですが、本当に感謝です。またこの2ヶ月で2名の新規メンバーも入社した(する)ので、ますます組織での成果が楽しみです。

プレイヤーとして

続きを読む

2020年に買ってよかったもの

2020 年最終日ということで、仕事はろくに振り返らず、たまったタスクもよそに置き、「 #買って良かった2020 」を書きたいと思います。

リモートワークが始まったことや、旅行や外食の出費が減ったことを良いことに、今年は過去最大級に散財をしました。 一方で断捨離も進め、買うも売るもメルカリには大変お世話になった1年でした。ありがとうメルカリ。

目次

  • 目次
  • リモートワーク環境
    • ワークチェア
    • 曲面ウルトラワイドディスプレイ
    • モニターアーム
    • 外付けキーボード
    • 骨伝導ヘッドセット
    • USB シートヒーター
    • 真空断熱マグカップ
  • 家での生活
    • 電動コーヒーグラインダー
    • センサー式ソープディスペンサー
    • 防水 Bluetooth スピーカー
    • WiFi オーディオシステム
    • バスクリーナー
    • スキージー
  • おわりに
  • 余談:買ってちょっと微妙だったもの

リモートワーク環境

年の前半に買ったものはやはり、リモートワーク関連でした。

リモートワークを前提に選んだ家ではなく、ワークスペースとリビングに明確な区切りがないので、あまりオフィス然とならないよう、ワークスペースのインテリアが家のインテリアに馴染むように気を遣いました。家がグレーとホワイトをベースにしたインテリアなので、その系統の色が多めです。

f:id:ykmc:20201231152822j:plain
デスクまわり

続きを読む

とあるアジャイル入門者がとあるアジャイルコミュニティに参加をし始めたときの原体験

SNS@TAKAKING22 さんが以下の記事をシェアしてました。 アジャイル入門者だった頃にコミュニティに参加した時の話(とそこからつながる今)を思い出しました。

www.atmarkit.co.jp

※かなり昔の話です


僕はスクラムを手探りで適用し始めたばかりで、うまくやれないことが山積みでした。 その悩みをコミュニティイベントに持っていったところ、3人の方と話す機会が持てました。

ひとり目

ひとり目は、コーチングスタイルで僕にたくさんの本質的な質問をしました。僕は責められているような居心地の悪い気分になり、自己防衛的な反射として取り繕う回答をしたので、良い対話になりませんでした。居心地の悪さへの記憶だけが残り、内容についても忘れてしまいました。コーチャブルな器は、当時の僕には残念ながらありませんでした

続きを読む